虫歯予防グッズを紹介していく

自分は虫歯になりやすい!

普通に歯磨きをしていたのですが、どうもガンガン虫歯が増えてしまっています。

すでに歯の神経が数本抜かれてしまっています。さらに10年もすれば、今度は抜歯が必要になってきそうです(;8;)

世の中には歯磨きしなくても虫歯にならない人もいるようなので、体質による部分もけっこうあるみたいですね。

虫歯になりやすい体質の場合、それなりの対策をしていかなければなりません!

というわけで虫歯予防グッズを使い、予防対策を徹底してみることにしました。現在使用している虫歯予防グッズを紹介します。

デンタルフロス

フロスはマジでやったほうがいい!!

歯ブラシでは取り切れない汚れがめっちゃあるのが分かる!!

歯並びが悪い人は特に!!

虫歯にならない人も食べかすが挟まったままだと歯周病を引き起こす。高齢者の歯を失う原因は虫歯よりも歯周病のほうが多いと言われている(ソースは忘れた)。

つまりみんなフロスをやったほうがいい!!

フロスとは、糸を指に巻き付けて歯間を掃除するやつ。

手軽な『糸ようじ』もあるが、治療した歯に引っかかると取るときにめっちゃ難儀するので、フロスのほうがいざというときに良い。フロスなら片方を外せば、スルッととれる。

フロスはいろいろなメーカーから発売されている。

おすすめはREACHのデンタルフロス。

歯に引っかかりづらくしっかりした素材で、かつ絡んでしまったときは切れるしなやかさ。Amazonでの評判も良いよ!

逆におすすめしないのがクリニカのフロス(アドバンテージスポンジフロス )。ドラッグストアでもよく見かけ、いくつか種類がでている。が、とにかくひっかかる。歯から抜けなくなる。何度もハサミで切った。クリニカのやつを2種類買ったがどちらも数回使っただけでやめてしまった。

クリニカはなめらかスリムフロスのほうが割と良かったんだが、販売しているところをあまりみかけない。

高濃度フッ素配合の歯磨き粉

歯磨き粉はフッ素重視。高濃度フッ素が配合されていれば、それ以外は割とどうでもいいと思ってるw

フッ素が歯をコーティングして虫歯になりにくいだとかなんだとか・・・

現在市販されている歯磨き粉で一番高濃度のフッ素配合量は1450ppm(パーツ・パー・ミリオン)。

『1ppm = 0.0001%』らしい(ウィキペディア調べ)。

なので1450ppmだとすると0.145%。めっちゃ少ないように感じるが、これが現在の最高濃度である。

1450ppmの歯磨き粉はドラッグストアにたくさんある。

どれを使ってもそれほど大差はないと思う。

おいらはなんとなくクリニカを使ってます。

年をとると知覚過敏にもなりやすいので、そちらの対策もかねてこの歯磨き粉にしてます。

一昔前の歯磨きマナーは

「歯磨き粉はほんの少しだけ付ける+口の中をしっかり濯ぐ」

だったのですが、近年ではフッ素をできるだけ口に残すのが良いとされているので

「歯磨き粉はそれなりにつける+濯ぎは軽く」

に変化しています。

しっかり濯がないと口の中の食べかすが気になるかもしれないので、

  • 歯磨き前にガッツリ濯いで食べかすを流す
  • 歯磨き後はフッ素を残すため軽く濯ぐ

というのが良いかもしれない。

高濃度フッ素コートジェル

歯にフッ素を塗りまくって虫歯予防するグッズ。

自分が使っているのはクリニカのやつです。

使い込んでいる写真でスマソw

歯磨き粉との違いはそれほど分からないが、使用方法としては就寝前のタイミングで歯に塗る。せいぜい泡立たないくらいの違いしかないかもしれない。

Amazonのレビューを見ると、歯磨き粉として利用しようしている人が何人かいるようだが、泡立たないし歯磨き粉より高いのでおすすめはしない。

歯磨きは歯磨き粉で行い、ジェルは歯に塗るだけにしたほうが断然コスパがいい。

フッ素ジェルもいくつかのメーカーから発売されているが、歯磨き粉と同様にフッ素の最高濃度は1450ppm。どれを買っても大差はない。

使用後に口の中を濯がないので、口に残っても不快にならないメーカーのものを選ぼう。

歯ブラシ

一般論であるが、ヘッドが小さく奥歯の奥側まで届くように少し湾曲しているやつがいい。

個人的に愛用しているのがLIONのやつ。

ちなみに歯医者さんでおすすめされたのはデンターシステマの歯ブラシ。

昔、電動歯ブラシも使ったことがあるが、丁寧に磨くには向かない代物だった。たしかフィリップスのやつ。結局、電動歯ブラシでざっくり磨いた後に、手で磨き直すということをやっていた。

ただ振動は気持ちよくて、歯茎のマッサージには効果バツグンだったw

100%キシリトールガム

ガムは唾液の分泌を促進するので良い(・∀・)!!

且つ、噛むことが仕事中の眠気防止にも効く!!

というわけで、ガムをよく噛むようにしている。

もちろん砂糖の含まれるガムを噛んでしまったら本末転倒なので、キシリトール配合のガムを食べる。

市販されているキシリトールガムでも、まぁまぁ良い。キシリトールの含有量は50%以上のものが良いとされていて、コンビニとかでよく見かけるあのキシリトールガムがギリギリのラインである。

しかしもっとガムの効果を得るならば、やはりコレ!

歯科専用のキシリトール100%ガム。

文字通りキシリトールが100%という素晴らしいガム。

歯科専用というだけあって近所のドラッグストア等では見かけないが、Amazonで買うことができる。

これを1日4粒、15分くらい噛み続ければ虫歯予防効果が高いとされている。

が、硬い上に味がすぐ味がなくなり、噛み続けていると気持ち悪くなるw

慣れてくれば全然平気なのだが、最初は5分も持たずに吐き出してしまったw

仕事中はできるだけ、このガムを噛むようにしている。眠気防止にもガムは良いよ(・∀・)

その他

ストローを使う

ジュースはストローで飲むと、歯に触れにくいので虫歯予防になる。

完全に歯に接触しないように飲むのは不可能だけどやらないよりはマシかな??

マウスウォッシュを使わない

モンダミンとかリステリンとかのマウスウォッシュは使っていない。

虫歯になりやすい人は唾液量が少ない可能性が高い。実際に自分は唾液量が少なく、口の中が乾きやすい。

で、モンダミンとかはだいたいアルコールが含まれているため、仕様後は余計に口の中が乾きやすくなる。唾液が減って虫歯になりやすい環境ができてしまうのだ。

もし使うならノンアルコールタイプのものを使うと良い。

まとめ

とにかく歯磨きを心がける!

一日3回と限らず、お菓子を食べたあとなどには必ず磨くようにする。ただし力を入れすぎて歯茎を傷めないように(*´Д`)

そして1日一回はフロスをする。自分は晩飯の歯磨き後にフロスをしている。

で、寝る前にフッ素ジェルでコーティングをする。

・・・

まぁ、このくらいやっても虫歯になるときはなりますけどね(・∀・)

最低6ヶ月おきくらいには定期検診に歯医者へ行きましょう!!