口から胃カメラ体験(鎮静剤を添えて)

人生2回めの胃カメラを受けてまいりました!

胃の調子がなかなか改善されず、約2年ぶりの内視鏡検査になります。

前回は鎮静剤なしで鼻から突っ込んでの検査でした。

そして今回は口から入れる初体験となります(*´Д`)

自分は嘔吐反射がキツイのですが、果たして鎮静剤を打つことで楽に受けられるのか??

鼻からの検査は喉に管が当たらないので、ぜんぜん辛さはなかったのですが・・・

胃カメラの事前準備

前日は夜8時までに食事を済ませます。

残業をしないやる気なしホワイトサラリーマンなので、余裕で19時には食事ができてしまうので問題なし!

当日の朝も軽く水を飲むくらいで、何も食べずに病院へ向かいます。

朝イチの検査なので、とくに食べなくても平気なのですが、かなりお腹が減っている状態ですね。

ひとつ分かったのは、晩飯の時間が早いと寝起きの身体が軽い!!

胃の泡を消す薬を飲む

病院に行き受付を済ませたら、検査室へ案内されます。

服装は上着だけ脱ぎ、ジーパンにシャツ(ヒートテック)一枚というごく普通の状態。

まずはベッドの上に座り、ガスコンと呼ばれる胃の中の泡を消す液体を飲みます。

特に味もなく不味くもなく、150ccくらいを一気に飲み干します。

喉の麻酔と鎮静剤の準備

次にベッドに横になります。

このあたりから緊張してきますねー

まずは左腕に鎮静剤用の針を刺します。

薬はまだ入れずに針だけ刺してスタンバイしている状態です。

で、右腕に血圧測定のバンドを巻かれます。鎮静剤が効きすぎると副作用も出るらしいので、血圧で体調の変化をしっかりと監視するようです。

両腕の準備ができたら胃カメラのポーズをとります。

なんとなく落ち着きますね、このポーズw

そうしたら顔が横向きの状態で、喉に麻酔をつけます。

スプレータイプで口を開けて中に吹きかけて塗っていきます。

くっそ苦いですwww

数秒で喉がじんわーりしてきます。

口から胃カメラ検査開始

胃カメラを入れるためにまずはマウスピースを咥えます。

嘔吐反射がキツイとマウスピースすらツラいのですが、思ったほど大きくなく咥えるのは問題ありませんでした。

そして鎮静剤を投入。

身体の変化は特にありませんが、どれくらいで効いてくるのだろうか・・・

その直後

「ではカメラ入れていきますね^^」

えっ?!早すぎね??

いま鎮静剤いれたばっかりだぞ!!

まだ意識ハッキリしすぎているぞ?!!

---

「はい、終わりましたよ^^」

???

どうやら終わったらしい・・・いつの間に?!

検査時間は5分間くらいだったようだ。

確かに体感5分くらいあった気がする。完全に眠っていたわけではなく、おぼろげに何かをされている感覚はあった。

ただ、記憶がすっぽりと抜け落ちているような感じ。

なにわともあれ辛さはまったくなし\(^o^)/

口から胃カメラ体験(鎮静剤あり)まとめ

というわけで、口から胃カメラ初体験でしたが、鎮静剤のおかげで

めちゃんこ楽チンでした!!

辛さも苦しさも嘔吐反射も何も感じる暇がなかった!

ただ意識が飛んでいるため、どのような検査をしているのかまったく見ることができない。前回鼻から入れたときは、検査しながら先生と一緒にモニタで胃の中を観れてたw

また終わった後しばらくぼーっとする。

しばらくベッドで休んだ後に、先生の説明を受けたのだが、すでにあまり覚えていないw

しっかり覚えているのは

「胃のすごく綺麗ですね」

と言われたことw

では、胃の不調の原因はなんなのか/(^o^)\

健康

Posted by 和田なつお