リンナイのガステーブル(KGM33NPBKR)を買ったった!

2018年10月11日


 
引っ越しにあたりガスコンロを購入しました。
購入したのはリンナイのKGM33NPBKRというもの

ざっくりスペックと使用した感想を書いていきます。

ガステーブルKGM33NPBKR のスペック

  • 本体サイズ:幅56.0cm 奥行44.4cm 高さ21.8cm
  • 都市ガス13A用
  • 右強火力バーナー
  • 片面焼グリル
  • 本体重量(kg):7.5

横幅は56cm。
ガスコンロには60cmと56cmの2つがあり、キッチンもそのサイズのどちらかが入るように設計されています。
当然キッチンが60cmなら、56cmでも60cmでもどちらでも設置することができます。

現在は60cmが主流で、市販されているガスコンロもほとんどが60cmです。
そんな中、こちらのガスコンロは56cm。
引越し先のキッチンは60cmなのですが、今後小さいサイズしか設置できないところに引っ越す可能性もなくはないので、56cmのコンロを購入することにしたのです。

あとグリルは水なしで使用できます。
とは言うもののこれまでの人生でグリルはほぼ使ったことないので、これからの人生でもそうそう使わないでしょう。
トウモロコシを皮ごと焼いて、皮の炭でグリルがすすだらけになった記憶しかありません。

KGM33NPBKRが届いたよ(・∀・)

設置は引越し時にガスの開栓とともにガス屋さんにやってもらいました!

どーーーーん!

キッチン幅60cmに対して、56cmのガステーブルですが多少の隙間があっても違和感ありませんね。

白色は汚れが目立つので暗い色のガステーブルにしました、メイン料理はカレーなので白いコンロだと、すぐに黄ばんでしまいそうで・・・
なかなか重みがあってどっしりとした印象になりましたね。

コンロは片方が高火力なのですが、壁と反対側、自分のキッチンでは右側を高火力に設定しました。

最近ではタイマー設定など豊富な機能のついたガスコンロが売られていますが、こちらは至ってシンプルなガスコンロになります。

着火や火力調整はカチカチとダイアルを回す古いタイプ
とても軽くて操作しやすいです。

ちなみに左側には電池を入れます。

電池はガスコンロに付属されておりました。
何のために電池を使うのか分かっていませんw

さてこれからいっぱいカレーを作るぞ(・∀・)♪